June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

コンペ用イラストその2

 
こちらも同じく授業風景、皆で意見交換の図
背景が無いと広がりが少ない
クラス全体を描けたらよかったなあ
またこういうのも描いてみよう

comments

国語や道徳の教科書に、『みんなで話し合ってみよう』という課題の見出しで
続いて出てきそうでいいですね。

昔はぽつりぽつりとしかなかった教科書のカラーページ、いまでは随分多くなりました。その分、カラー絵の活躍の場が増えたのかもしれませんね。
個人的には、表紙に使われるような抽象的なイメージの絵にすごく憧れます。




  • k
  • 2011/08/11 11:38 PM

イラストや写真の比率は今の方がかなり多いですね。
最近のものは具体例や視覚的に働きかけるぶん、理解はしやすいですが、自分で考えたり想像するためには、どんなイラストを使うかや写真を起用するかをよくよく考えないと難しいのだろうなと思います。

表紙の抽象的なイメージイラストは、当時は「キレイだな、なぜこの絵なんだろう」というように眺めていましたが、今考えるとさまざまな意味が込められている奥深いものが多く(国語が特に好きでした)
時時ポツリポツリと思い出します。

  • 咲子
  • 2011/08/17 12:41 PM

誰が選ぶのか、国語の表紙はいつもいいですよね。
当時の自分にとっては、妙だけど忘れられない絵でした。

大人になった今見ると意味がわかるのでしょうか。
…ちょっと実家掘り返してきます。

  • k
  • 2011/08/20 10:37 PM
   

trackback

pagetop